メニュー

仮歯とは??なんのためにやるの?

[2019.09.05]

みなさんおはようございます。

歯科医師の舟山です。

久しぶりの投稿です。

 

よく聞く『仮歯(かりば)』

なんのためにするのか、まずどういうものなのか説明していきたいと思います!

 

専門用語では”プロビジョナルレストレーション”と言います。

_DSC9125

例えば上のように元々被せ物”クラウン”が入っていて、その中で気づかないうちに虫歯がかなり進行していることがあります。

_DSC0801

なぜこのようになるのか??

それは歯と被せ物の境界の”適合”の精度が低く、段差ができてしまうことにより、細菌が溜まってしまいます。

外すとこのように虫歯が進行していることは少なくありません。

これを何年も放置しておくと取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

 _DSC0802 

非常に深くなった虫歯を取りきり、少なくなった歯質の分を材料で補強してから形を整えます。

そのままだともちろん噛み合わないので、その上に仮歯を被せていきます。

 

_DSC0845 _DSC2019

上が初診時、下が仮歯にした状態です。

仮歯も境界があると、細菌が溜まってしまうので、極力歯との境界ができないようにピッタリと”適合”を合わせていきます。

そうすると歯ブラシもしやすくなり、歯や歯茎の状態が健康になっていきます。

 

このように。『仮歯』には

噛み合わせの維持、歯ブラシのしやすさ、歯の神経への刺激の遮断、見た目の回復

など色々な効果があり、治療していく上で欠かせないものです!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME