メニュー

歯茎下がりの治療(歯茎の移植)

[2019.04.02]

患者様情報

  • 年代
    60代
  • 性別
    女性
  • 症状
    前歯の見た目が気になるし、歯ブラシが当たると痛い。何度も詰め物をやり直しているが、どんどん歯茎が下がっているような気がする。歯茎が下がり、歯の根が露出したところが虫歯になっていた(根面う蝕)。

治療方法

治療前

治療前

古い詰め物と虫歯を取った状態。血管が透けて見えるほど薄い歯茎である。このような歯茎は歯ブラシが当たると痛みを感じやすい。
o 上あごから、硬くて厚みのある上皮を採取した。
p 採取した上皮を薄い歯茎の部分に移植し、縫合する。
(遊離歯肉移植術)
治療後

治療後

治りを待って、歯の形を樹脂の詰め物で整えた。
見た目の回復はもちろん、歯茎が分厚くなったことで歯ブラシをしっかりと当てられるようになり、虫歯の予防も期待できる。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME