メニュー

骨が全然無い上顎の奥歯に骨の再生手術を併用してインプラント治療した症例

[2019.04.02]

患者様情報

  • 年代
    70代
  • 性別
    女性
  • 症状
    上の奥歯にインプラント治療をしたいが骨が全く無く,前の歯科医師にはインプラントは無理と言われたとのこと。

治療方法

sa3 CT検査をしてみると,確かにインプラントを埋入したい部位に骨が全然無い(CT上で黒く映っている)のが分かります。
sa4 まずはインプラントを支えるための骨を造る必要がありましたので,サイナスリフトという手術を行いました。
上顎骨の空洞に骨を造る手術で,一般的な歯科医院では行うことが出来ない,高度な技術が必要な手術です。ひと昔前では,大学病院で入院して行うような手術でしたが今は材料と医療機器,技術の進歩で,日帰りで手術を行うことが出来ます。
sa5 サイナスリフト手術の6ヶ月後のCTです。以前は骨が無く黒く映っていたところに骨が出来て(白く映って)いるのが分かります。
sa6 インプラントを埋入し,セラミックスクラウンを被せました。
奥歯でも食べ物を噛めるようになり,大変満足していただきました。
sa7 治療後のレントゲン写真です。長さ,太さの十分なインプラントが再生した骨によって支えられているのが分かります。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME