メニュー

抗加齢医療について

酸化ストレスとは

酸化反応により引き起こされる生体にとって有害な作用を『酸化ストレス』 と定義し、酸化反応を引き起こす活性酸素と抗酸化システム・抗酸化酵素(SOD)のバランスにより決定されます。

体の中で発生する『酸化ストレス』に対して抗酸化能(活性酸素を除去する能力)が追いつかない状態になると、余分な活性酸素が細胞を傷つけ遺伝子に損傷を与え、老化や発ガン・生活習慣病の一因となります。

酸化ストレスを増加させる要因には、慢性炎症・虚血(血液不足)や心理的・肉体的ストレス・紫外線や放射線・大気汚染・ダバコ・酸化された食品・過度な運動などがあります。

酸化ストレスと老化・疾病

酸化

活性酸素と老化

活性酸素により細胞膜の脂質が酸化され、細胞膜を通して栄養と老廃物の交換がスムーズに行えなくなり、細胞が壊死します。
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が酸化されると、血管の動脈硬化が促進されます。

活性酸素の影響

影響

抗酸化医療とは

様々なメディアでも『活性酸素の除去』が取り上げられていますが、活性酸素は体の中で有益に働いてもいます。
例えば、血管を拡張させ血液を確保する役割や、細胞の分化に関係しています。抗酸化療法は、余分な活性酸素を低下させたり、『抗酸化力』を高める治療法です。
代表的な治療法として、『高濃度ビタミンC点滴治療』 『オゾン治療』があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME