メニュー

ブログ

『咬むと痛い』実は歯が原因ではない?!②(2019.10.12更新)

みなさんこんにちは!

歯科医師の舟山です。

台風で外が危険なので今日は自宅から更新します!みなさん万全の対策を!

 

前回お話しした「筋筋膜性疼痛」を治す方法とは??

 

咬むときに使う筋肉は4種類ありますが、その中でも主流なのが咬筋と側頭筋です。

 

a-423

 

ここが凝り固まってしまうと、筋肉痛の症状が起き、それが歯の痛みと錯覚してしまいます。

ではどうすれば治るのか?

私たちがオススメする方法は二つあります。

筋マッサージボツリヌス治療です。

 

マッサージは単純に筋肉をほぐしていくやり方で、誰でも簡単にやることができます。

 

耳の手前あたりに指を当て、グッと噛み締めて下さい。

すると膨らむ部分があり、それが咬筋です。

 

次にそこを手をグーにして第二関節あたりでグリグリと押していきます。

最初は痛いのですが、だんだんと継続していくとほぐれていきます。

咬筋ほぐし

これを気づいた時にやる習慣をつけて下さい。

特にお風呂に入ったり、体が温まっている時にやると効果的です。

 

 

 

ボツリヌス治療筋肉がほぐれるだけでなく、なんと小顔効果もあります。

即効性があり、やるだけで一石二鳥。

私自身やってから1週間でかなり症状が軽減しました。あとは小顔になりました。笑

 

今日は長くなってしまったのでさらに次回、ボツリヌス治療についてお話しします!

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME